メソジストの流れに属する高田教会

日本基督(キリスト)教団高田教会は、カナダ・メソヂスト教会(旧・日本メソヂスト教会)の宣教によって設立された教会です。1891年7月6日が創立記念日となっています(正確な創立日は不詳)。新潟県内では他に新井の地でカナダ・メソヂスト教会の宣教がなされ、現在の日本基督教団新井教会が設立されています。なお、新潟県内のメソジスト系教会は現在の日本基督教団高田教会と日本基督教団新井教会の2つのみです。

その後、メソジスト監督教会、南メソジスト監督教会、カナダ・メソヂスト教会(旧・日本メソヂスト教会)が1907年に合同したことによって日本メソヂスト教会が誕生し、日本メソヂスト高田教会となりました。そして、アジア・太平洋戦争直前に時の政府の政策でプロテスタント教会諸派が合同させられて日本基督教団が生まれたことによって日本基督教団高田教会となり、現在に至ります。所属教区は関東教区です。

私たちプロテスタント教会では、マルティン・ルターによって再発見された「人は信仰によって義とされる」という信仰義認に立脚し、正典たる聖書を信仰と生活の規範としています。また、聖書によって規範される基本信条(使徒信条・ニケア信条・アタナシウス信条)を、信仰と教理の基準にして聖書を解釈し、イエス・キリストの福音を宣教しています。