礼拝堂の聖壇部配置における「象徴」

左・説教台、中央・聖卓、右・司式(聖書朗読)台
左・説教台、中央・聖卓、右・司式(聖書朗読)台

説教台

 会衆席から向かって左側(会衆席に向かって右側)に配置される。「右」は神の正義と救いを行使する「神の右手」を象徴する。神の救いが告知される場である。

 

聖卓(聖餐卓)

 聖壇部の中心に配置される。聖卓においてそこにおられる聖餐のキリストは、私たちの贖罪信仰の中心であり、礼拝の中心である。

 

聖卓上の燈火・燭台

 人間の食卓の象徴であり、安息日の象徴であり、過越しの食卓の象徴である。古代より、ユダヤ社会の安息日・過越祭の食卓の祭りにおいては1対の燈火が灯された。また1対の燈火は、神でありまことの人である(神性と人性を共に持つ)イエス・キリストが、世の光として礼拝・聖餐のパンとぶどう酒において臨在されることの象徴でもある。